不動産投資セミナーを利用するメリットとは?

男性と女性

滞納分を保証するシステム

男性

保証は契約内容により様々

不動産を賃貸物件として経営するうえで、注目されているのが家賃債務保証です。家賃保証、または賃貸保証とも呼ばれます。このシステムは、ひとことでいえば入居者の滞納分を保証し、家賃収入を安定させる働きがあります。家賃債務保証の会社もありますが、大手の賃貸管理会社などで、家賃債務保証の部門を設けている所もあります。そのため、トラブル対応や家賃徴収などの、賃貸管理の契約を結ぶ時に、家賃債務保証を一緒に契約することもできます。家賃債務保証付き物件の場合は、入居者が保証料を会社に払う形になります。そうすると、入居者が少なくなるのではないかと、不安に思う人もいるかもしれません。しかしこのシステムは、家賃債務保証会社や賃貸管理会社が保証人代わりになるため、入居者は連帯保証人を立てる必要がありません。特に高齢者、あるいは外国人など、連帯保証人になってくれる人がいない場合は、この家賃債務保証付きの物件はかなりのメリットがあります。中には滞納の場合の保証のみならず、退去時の原状回復費用の保証や、滞納が続いて、法的手続きをする場合の保証を請け負ってくれる会社もあります。それから一括借り上げをして、会社が実質的に賃貸経営をすることもあります。この一括借り上げは空室の保証もしてもらえます。ただし本来であれば大家さんに入る敷礼金が、会社に入るということもあります。ですから、よほど空室が気になるような場合でなければ、まず家賃債務保証のみの契約でもいいでしょう。