不動産投資セミナーを利用するメリットとは?

男性と女性

マンション経営で重要な事

アパート

管理の方法を選ぶ

マンション経営を始める場合に重要なことの一つがマンション管理をどうするかという点です。これについては「自主管理」又は「管理委託」のいずれかの場合がほとんどです。さらに全てをサブリース会社にお任せできる便利な方法として「サブリース」という契約形態もあります。まずマンション管理を自主管理にする場合のメリットと言えるのが、自分で管理することで管理費用を払う必要が無い点です。管理する時間と労力のある方であれば費用効果の高い方法と言えるでしょう。しかも自分の目で物件の状況を常に把握できるので必要な修繕箇所などへの対応も早く、さらに入居者の利用状況が手に取るようにわかるのもメリットと言えます。さらに修繕が必要になってもリフォーム会社を通さずに自分で大工さんなどを雇えば修繕費用の削減にもつながります。次に管理委託については不動産管理会社に管理委託手数料を支払うことで、基本的なマンション管理を委託する方法です。不動産管理会社は入居者募集から物件管理、さらには入居者の入居後の家賃回収までをカバーしてくれます。基本的なマンション管理を管理会社に任せることができるのでオーナーはマンション経営に集中できる点や投資規模を拡大しやすい点などがメリットでもあります。特に遠方の投資用マンションを多く抱えているようなオーナーには便利な方法です。サブリースのメリットとして大きいのが家賃保証などが付帯されている点です。サブリースの仕組みはサブリース会社がマンションのオーナーから借り上げる形を取り、それを入居者に賃貸する形式を取ります。オーナーはあくまで家賃を回収するサブリース会社からリース料という形で確実に毎月の収入を得ることができるので安心です。