不動産投資セミナーを利用するメリットとは?

男性と女性

賃貸契約をスムーズに

相談

必要な書類を準備

家賃の滞納や不払いのリスクを抑えるために、今ではほとんどの賃貸オーナーが賃貸保証会社を利用しています。賃貸保証会社は単に家賃の代位弁済を行うだけでなく、入居前に希望者に対する審査を実施しており、滞納の可能性が高いと思われる希望者は最初から入居を断られます。この仕組みのおかげで、家主は安心して入居してもらえるわけです。賃貸保証会社の審査は早ければ1時間ほどで終わりますが、遅い場合は何日かかかることがあります。審査が遅れると入居者も困りますが、家主も空室期間が長くなるため、好ましいことではありません。では、審査時間を短縮するにはどうすれば良いのでしょうか。審査に時間がかかる理由のひとつは、本人確認がスムーズにできないことと考えられます。運転免許証など、すぐに身元を確認できる書類を用意してもらうことが、時間短縮の第一条件となります。なお連帯保証人がいる場合は、保証人の身元確認も必要になります。収入と家賃のバランスが悪い場合も、審査に時間がかかることがあります。家賃が収入の30%以下であれば許容範囲ですが、それを超えると難しくなります。不正規雇用などで収入が不安定な方も、審査に手間取ることが多くなります。無職や高齢者の方でも、十分な貯金があれば審査に通るケースはありますが、預金残高の確認が必要なので時間がかかります。このような入居希望者には、あらかじめ収入証明書類などを揃えてから、賃貸保証会社の審査を受けるようにしてもらうと良いでしょう。